外国人を雇用した場合、夏休みなどに採用した外国人が母国へ帰省するケースもあるでしょう。

しかし、このようなケースでもその出国に際し、再入国許可の手続きをしておかないと、その出国によって在留資格が消滅してしまうようなケースがありました

しかし2012年7月9日以降は、有効期限のある在留カード、みなし在留カード(外国人登録証明書)があれば在留期限前でかつ1年以内に日本に再入国するケースでは再入国許可は必要がなくなりました。

ただし、1年を超えて他国の事業所に移動し、日本に戻ってくるケースについては従来と同じようにパスポートに証印シールを貼ってもらう再入国許可が必要です。

外国人登録証明書の有効期限が迫っているケースでは、あらかじめ在留カードに切り替えておく必要があります。

なお、永住者も在留カードは必要で、その有効期限は7年となります。

再入国許可には、1回限りのものと数次で有効のものとがあります。ビジネスマンによく利用される数次有効のものは当該再入国許可の有効期間中は、何度でも再入国が可能となります。