外国人雇用のための在留資格の基礎知識

企業の人事、外国人採用担当者に必要となるビザの基礎知識

「月: 2020年10月」の記事一覧

技術の在留資格

技術の在留資格はコンピューターエンジニア、機械工学の技術者、電気工学のエンジニア、ウエブデザイナー、工業製品のデザイナー、システムエンジニア、化学のリサーチ結果を商品化に結びつける仕事などが対象となります。技術の在留資格について国際業務専門の行政書士佐藤正巳が説明しております。

再入国許可申請

再入国許可とは、日本の在留資格を持つ外国人が、1年を越えて出国し日本に戻らないと取得した在留資格は自動的に消滅し日本で働くことができなくなります。また、その場合、入国すらできなくなる可能性があります。これを避けるためは再入国許可申請の手続きを予め行っておく必要があるので外国人採用企業の人事担当者は十分な注意が必要です。