外国人を雇用する機会は、今後さまざまな産業で必要性を増すことでしょう。

ただし、日本人の採用とは根本的に違うルールがありますので、その概要を企業の実務担当者が把握することが必要です。2012年7月9日からは在留カードの導入がスタートし、長期滞在の外国人のデータは入国管理局が統合的に管理しています。

ここでは実際に外国人を雇用する場合に必要となる「就労可能な在留資格」の基礎知識を解説します。

2012年7月9日以降は改正入国管理法で「在留カード(Residence Card)」が「在留資格」を証明するものとなり、このカードの情報を正しく理解することが基本となります。日本いおける外国人雇用と在留カードは密接な関係があります。

参照:厚生労働省:届出事項の確認方法について